お知らせ



木工作家 中矢嘉貴さんの実店舗個展、終了いたしました。
足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございます。
ただ今はweb展開催中です
2/23まで、通販も承ります。
下記作品一覧をご覧ください。

坂田真由美さんの展示会について

2/21-2/28に予定していた坂田真由美さんの展示会ですが、
お仕立て会を4月17日からに延期させていただくことになりました。

予定していた期間中は、まえかけなどの作品を展示販売させていただきます。

150347595_4064087910309662_8285119522123935551_n.jpg

150674510_181096987141665_2467060789650221771_n.jpg

151364354_1821067954719326_8435907800198955414_n.jpg

お仕立て会を楽しみにしてくださっていた方、
本当に申し訳ございません。何卒ご了承ください。
今回は、まえかけ各種やサルエルパンツなど
作品が届いています。
どうぞそちらを楽しみにお越しください。


坂田さんの作品について

【ご覧頂けるアイテム】

ラオスの布で作った
サルエルパンツ
ワンピース
ショール
ブラウス

yumizuのオリジナル
定番の真田紐のまえかけ
ツギハギまえかけ
Shippoまえかけ
デニム切りっぱなしまえかけ
ミズタマのカルピスみたいなまえかけ
ハギレバッグ
アームカバー
マスクケース
マスク



                         ゆくり 安田尚美









中矢嘉貴web展 2/23まで


生木を削り乾燥する過程で変化していく作品の性質上、
それぞれが一点ものと捉えていただけたら幸いです。
(ほぼ同じくらいのサイズのものもあります)


ご希望の方にはインスタグラムのチャット、メッセンジャー
またはLINEのテレビ電話などで
ご覧いただきながらお選びいただけたらと思います。
(いずれも難しいようでしたら、メールで動画をお送りします)


<ご購入の流れ>



①「中矢嘉貴作品お問い合わせフォーム」より、


・お名前
・ご住所
・お電話番号
・ご希望の作品名と番号
・お支払方法の選択(ゆうちょ銀行/三菱UFJ銀行/クレジット)
・配送時間のご希望

などをお知らせください。

中矢嘉貴作品お問い合わせフォーム

②明細とお振込み先などお知らせさせていただきます。

③ご入金確認後、発送させていただきます。


※ご購入の流れをスムーズにするため、
任意でご住所お電話番号をお聞きしております。
何卒ご了承ください。



作 品 一 覧

中矢嘉貴個展作品jpg217.jpg


(オイル仕上げ)

DSC01043jpg548.jpg


(鉄媒染)

中矢嘉貴個展作品jpg274.jpg


(オイル仕上げ)

中矢嘉貴個展作品jpg399.jpg


(鉄媒染)

DSC01019jpg529.jpg

卓上花器
(オイル仕上げ/鉄媒染)

中矢嘉貴個展作品jpg001.jpg

木のキャンドル
(オイル仕上げ/鉄媒染)

中矢嘉貴個展作品jpg124.jpg

壁掛花器
(オイル仕上げ/鉄媒染)

中矢嘉貴個展作品2jpg468.jpg

デスクランプ
(オイル仕上げ/鉄媒染)

中矢嘉貴個展作品2jpg512.jpg

ランプシェード
(オイル仕上げ)

中矢嘉貴個展作品2jpg513.jpg

ランプシェード
(鉄媒染)



- 木と語らう -  

   中矢嘉貴 木工展 

2021中矢嘉貴個展web .jpg




富士山麓で制作される中矢嘉貴さんの三回目の展示会です。

大きくても軽く丈夫で手取りがよく、使いやすい中矢さんの木の器。

中矢さんの制作方法は、生木から削り出し乾燥させその過程で
自然に生まれるたわみを生かすというもの。
富士の麓で見えてきた、日本で育ちながら活用されなかった木々達を
「なんとか生かしたい」という思いから取り組まれてきた手法です。

今回は新たに、鉄媒染の作品を手掛けられています。

研究を重ねてこられた自家製の鉄媒染液と、
木に含まれるタンニンから生まれた美しい「黒」。

樹種や生育状況、木の部位により多様で繊細な色味が現れます。

食卓が引き締まる黒い木の器。
どうぞご高覧ください。





中矢 嘉貴   Yoshitaka Nakaya

HP 木もの NAKAYA
instagram  @komono-nakaya

京都市太秦出身
立命館大学大学院機械工学専攻修了
造船重機メーカーを経て、
オーク・ヴィレッジ(株)入社 オーダー家具制作主任
2009年 木もの NAKAYA 開設
2015年 第54回 日本クラフト展 奨励賞 受賞「白と赤のランプシェード」

96b391e8.png
「白と赤のランプシェード」
実はこちらは同じものです
灯すと赤く発色する様は赤富士のような美しい作品


.........................................................................................................................................................


木が決めるカタチ


- 富士山麓の里山と人をつなぐモノづくり -




中矢さんのお住まいと工房は、富士山麓の少し小高く、
近くには白糸の滝がある美しい里山。

133592368_111505067494252_5304941678345987179_n.jpg
中矢さんinstagramより


元は家具職人だった中矢さん。


「先祖が植えた木だけど使い道がない」
「小さいころによく遊んだ木だけど、枯れてきてしまった」

なんとか活かせないかと考えている時
師匠の須田二郎さんとの出会いがありました。

「モノづくりの場に活かされる機会がない
日本で育ったこの木々で作品を作りたい」



2018928696ee89c38bm82b382f182p-281405.png



作品には、一つ大きな特徴があります。

本来、木工に使われる木材は何年も
乾燥させたものを加工していくのですが
そうすることで安定した形状に作ることができます。

中矢さんの制作スタイルは、切り出されたばかりの
まだ水をたっぷり含んだ木を削り乾燥収縮していくというもの。
作品は人のコントロールを離れ、自ら姿を変えていきます。

その様子を
「木が決めるカタチ」
と中矢さんは言われます。




dsc_146920rgb.jpg
水気を多く含む生木。
削ると水を浴びたようになるそう。

2a7c12_9c25d95229f44c769945a3b6e9ba7358~mv2_d_3264_2448_s_4_2.jpg
加工後は2週間から1カ月かけて
乾燥させるのですが、
プチプチと音がすることも。





最初に手掛けられたのがランプシェード。

70a17d1e3336343baec6b2312e5f5f2e.jpg


121422873_642648509953807_8435381208869516542_n.jpg

107568789_993180087809004_7056930604231085083_n(1).jpg
穴が開いていたり節があることが
むしろ良い個性に



木の器は軽く丈夫です。
余分な水分を吸ってくれるのでパンもご飯も
美味しくいただけるのも嬉しい点です。

2018928696ee89c38bm82b382f18cc293w8140a5955c.png



掲載誌


2a7c12_0d3a151a775c40b2a827eabf1b2916aa~mv2.jpg2a7c12_376630f41645413296276d9c28f15e57~mv2.jpg2a7c12_7cfc0274eb60482ba33a8d800a897863~mv2.jpg2a7c12_3ca421bfdfdc4cae8cb4d49c8ae5d34f~mv2_d_2740_3509_s_4_2.jpg2a7c12_ef5a6397df8a433da913604b63faa7c6~mv2.jpg2a7c12_5dad6cb1f41b46aa8436a508f9bf6293~mv2.jpg2a7c12_fa63500911b0464097fc567c725a3598~mv2.jpg2a7c12_4c978f2443724b67a1fd3a785d53577a~mv2.jpg
•nice things 8月号 部屋の照明 / ミディアム (2019.7)
•CASA BRUTUS 特別編集 美しい照明術/Magazine House (2019.1)
•富士山の麓で見つけた ヒト・コト・シゴト /永井理恵子 著/マイルスタッフ (2018.3)
•CASA BRUTUS 照明上手/Magazine House (2018.2)
•ミセス8月号 日本の暮らしに、木と竹/文化出版局 (2016.7)
•BRUTUS 木の椅子と木工/Magazine House (2014.10)
•一生ものの木の家具と器 東海・北陸の木工家25人の工房から/西川栄明 著/誠文堂新光社(2013.9)
•作家ものと暮らす/静岡新聞編集局出版部 編/静岡新聞社(2013.1)









【 2021 展示会予定 】

千田稚子陶展
準備中
2021.3.24 wed - 4.4 sun
11:00-17:00
期間中無休
(営業時間外にご来店ご希望の方はお問い合わせください)



yumizu 坂田真由美 まえかけとラオスの布展
2021.4.17 sat - 4.25 sun
※昨年からの度々のご変更申し訳ありません。



<過去の展示会作品>

記載中の個数は展示会当初のものです。
作品についてはこちらからお問い合わせください。
※ただ今常設作品のページも準備中です。

お問い合わせフォーム


2019 

角掛政志2019
加賀雅之2019
小野寺友子2019
三浦侑子2019
谷井直人2019
蝶野秀紀2019


2018

加賀雅之2018
松村英治2018
松原竜馬2018
角田淳2018
中矢嘉貴2018
中野由紀子2018-2019
横田順子2018-2019