HP 店名.jpg

HP所在地.jpg

現在、展示会期間のみの営業とさせていただいています。
期間中は常設の作品もご覧いただけます。
それ以外の日の常設展ご観覧のご希望は、お手数をお掛けしますが
お電話(090-2802-9786)またはお問い合わせから
ご連絡ください。

加賀雅之個展、ありがとうございました。

2019 加賀雅之個展作品一覧



【開催中展示会のお知らせ】

「ひっそりと なにげなく在る」 

小野寺友子 陶展 
_表紙72.jpg
2019.6.8(土)- 2019.6.30(日)
11:00 - 17:00

展休日  6/10 (月) 6/17 (月) 6/24(月) 
作家在廊日   6/9(日)6/10(月)

6/10 (月)お休みの日は
「小野寺さんの器でいただく徳田涼子さんのお料理」 
を開催いたします。
ご応募方法はこちらの内容をご覧ください。

*ありがとうございます。満席となりました。


小野寺さんの器でいただく徳田涼子さんのお料理


お時間過ぎても構いませんので
時間外の方もどうぞお気軽にお申し付けください。

6/25火曜日より、通販とお取り置きの受付けを開始いたします。


小野寺友子個展DM




愛知県長久手で作陶されている小野寺さん。
初めてお会いしたのは今から一五年前、
まだお店を始める前のこと。

素朴な作風の中にある、
どこか彫刻的な美しさと
佇むような静かな存在感。

食卓では上質な額縁となり、
料理を映えさせてくれます。

化粧を丁寧に塗り重ねられた粉引
深みのある美しさを持つ「黒マット釉」。 
静謐な美しさのある「白磁」。
育つ器の面白さがとりわけ楽しめる「銀彩」。

いずれも独特の質感に魅力があります。

「私の器が 
ひっそりと なにげなく在る
という感じでお使いいただけるならとてもうれしいです」 

小野寺さんから頂いた言葉です。

良いものは小さいものであっても、
ただ置いてあるだけで
そこに空間が生まれます。

「なにげなく在る」ことは、良いものでなければ
生まれないのではないかと思うのです。

十五年前、作品を初めて拝見した瞬間の高揚感は今でも記憶しています。

繊細さと力強さ、質感の心地よさ。
写真でも言葉でも表現しきれない素晴らしさがあります。

是非、一度お手に取っていただけたら
嬉しく思います。

....................

料理写真.jpg
「器は常に料理を盛った時のことを
イメージしながら制作しています」
といわれる小野寺さん。
さりげなく盛り付けても絵になるうつわ達。

銀彩1.jpg
育つ器の面白さがとりわけ楽しめる「銀彩」。

下は我が家で13年以上使っている銀彩鉢。
右の白銀からゆっくり硫化して輝きのある銀に。
使い手によって育ち方も変わります。
丈夫さも魅力ですが、欠けた縁すらも
味になる面白さがあります。
銀彩2.jpg


_DSC9963.jpg
          黒マット釉

粉引.jpg
                    粉引

白磁.jpg

白磁