作家紹介



松 村 英 治


Eiji Matsumura



常に新しいものを見せてくださる松村さん。
プロの現場でも耐える丈夫さ、使いやすさ。
何よりひときわ料理が映えることに驚かれると思います。


重厚感や迫力がありながら、
手にしてみると大きなお皿も思いがけず軽く、
技術の高さが伺えます。


週に五日はご家族のために料理をされるとのこと。
だからこそこの作品達が生まれるのだと納得します。

しかし、それだけではない、
人となりが滲んだもののように感じます。

松村さんとお話ししていつも思うのは、
人への向き合い方に情があること。
心の機微を感じ取られる細やかな感性は、
うつわを使う方への愛情にも自然に繋がって
いるのだろうと思います。





松村 英治  Eiji Matsumura  愛知県半田市


1970      熊本市で生まれる
1992―93  アジア遊行
1996   パキスタン・アフガニスタン遊行
1997    金沢美術工芸大学大学院彫刻課程修了
1999   常滑市立陶芸研究所修了 
現在     製陶所勤務を経て、阿久比町の工房にて制作




松村英治 作品一覧


Eiji Matsumura 




ソラマメRGB.jpg


<ご購入の流れ>

下記の作品は展示会当時のものでまだ常設としてまとまっていません。
お問い合わせはいただけますが、ないものが多いのでしばらくお待ちください。


①「ご購入お問い合わせフォーム」より、お名前やご住所、
ご希望の作品名と番号をお知らせください。

②明細とお振込み先などお知らせさせていただきます。

③ご入金確認後、発送させていただきます。

LinkIconご購入お問い合わせフォーム


※ご購入の流れをスムーズにするため、
任意でご住所お電話番号をお聞きしております。
何卒ご了承ください。






焼締め 



松村さんの手掛ける焼締めは「南蛮焼(なんばんやき)」といい、
中国やベトナムなど東南アジアから沖縄など南方系のルーツを持ちます。
土には鉄分が多く、いわゆる釉薬をかけず焼く「焼締め」です。

「都会的な暮らしにも馴染む焼締め」を目指されたスタイリッシュな雰囲気です。
和洋問わずどんなうつわとも相性がよいのも使いやすい理由の一つ。

土味を大事にしつつ丁寧にヤスリを掛けながら三度焼いたもので、
スポンジが引っ掛からず、洗うのもとても楽。
丈夫で欠けにくいのも嬉しい点です。

初めて焼締めをお使いになる方にも是非お薦めしたいうつわです。

_DSC3827jpg048.jpg
こちらは我が家の15年ものです。
色も深くなり滑らかに。
欠け一つありません



夏は水に浸けてからお使いになると表面がしっとりして
瑞々しく涼しげな印象になります。






釉薬もの



美しいグラデーションの艶のある釉とざくりとした土味の妙。
とても料理の映える器です。

重厚感もありながら軽くて丈夫、油落ちも良い。

毎日手に取ってしまうのは、使い手の身になった
心遣いから生まれるものと思います。

是非、一度お試しいただけたら嬉しく思います。


※置いて安定するものですが、土と焼きの関係で
がたつきがある場合があります。ご了承ください。



<過去の展示会作品>

記載中の個数は展示会当初のものです。
作品についてはこちらからお問い合わせください。
※ただ今常設作品のページも準備中です。

お問い合わせフォーム


2019 

角掛政志2019
加賀雅之2019
小野寺友子2019
三浦侑子2019
谷井直人2019
蝶野秀紀2019


2018

加賀雅之2018
松村英治2018
松原竜馬2018
角田淳2018
中矢嘉貴2018
中野由紀子2018-2019
横田順子2018-2019